ホーム > 日本スキムボード協会の地域活動事業(社会貢献活動と教育活動)

日本スキムボード協会の地域活動事業(社会貢献活動と教育活動)

第1回ecoプロジェクト兵庫

ecoプロジェクト兵庫 地域パートナーズ代表 相島康一朗

ecoプロジェクト兵庫 地域パートナーズ代表 相島康一朗

兵庫地域パートナーズ代表の相島です。

スキムボードを始め、エコプロジェクトに携わる事で、自分達の大切な海や街を守っていかなければならないと感じました。

ビーチクリーンやシティークリーン等の活動を通じて、環境保全の意識が広まればと思っています。

みんなで美しい海や街を守っていきましょう。

第1回ecoプロジェクト千葉

ecoプロジェクト千葉 地域パートナーズ代表 山根祐輔

ecoプロジェクト千葉 地域パートナーズ代表 山根祐輔

千葉パートナーズ代表山根です

千葉でいつもスキムボードを楽しんでいます。
しかし、砂浜にはどうしてもゴミが落ちている、流れて来た物や捨てられた物、
いつも入ってるポイントを綺麗に保つ為にもゴミを拾う事が大切だと思います!

皆で綺麗な砂浜を目指しませんか?

第2回ecoプロジェクト新潟

一般財団法人セブン-イレブン記念財団

ecoプロジェクト新潟 地域パートナーズ代表 壁下和宏

ecoプロジェクト新潟 地域パートナーズ代表 壁下和宏

新潟パートナーズ代表の壁下です。
新潟県はユーラシア大陸と対になり日本海に面する地域です。 冬には強烈な西〜北の季節風が吹き荒れ、その風の影響で約1,000キロも離れた所から中国語やハングル文字 の書いてあるゴミが毎年漂着します。 海水浴シーズン前には各自治体毎に浜清掃を行い、綺麗なビーチが保たれています。 スキムボーダーもまた自然を愛し、ビーチを守る一員として環境について考えてみませんか? 自然の恵みを受けた分以上に、自然に恩返しが出来ればもっと利用するポイントが好きになるはずです。

第3回ecoプロジェクト宮崎

TOTO株式会社

ecoプロジェクト 宮崎実行委員長 竹友千尋

ecoプロジェクト 宮崎実行委員長 竹友千尋

ecoプロジェクト宮崎実行委員長の竹友です。
私自身スキムボードを始めて、続けていくうちにスキムボードに通じる全てのことに何かしら自分自身出来ればと思い、実行委員させていただくことになりました。

アカウミガメの産卵地で有名な宮崎県。
産卵地であることは知っていましたが、その詳細は知りませんでした。
昨年宮崎県でecoプロジェクトが開催され、講師の野生動物研究会の方からビーチに立ててある旗の意味など詳しい話を聞き、ビーチに流れ着く漂着ゴミが原因で減少傾向にあることも知りました。
宮崎のスキムボーダーがいつも利用しているビーチには投棄ゴミはほとんどありませんが、日によっては大小様々な漂着ゴミが流れてきます。その漂着ゴミが、親亀の誤飲や、子亀が海に戻る際の障害になり頭数が減っている原因になっているそうです。

第一回宮崎ecoプロジェクトで色々な事を学び感じ、私達にできることはまずは使わせてもらっているビーチを綺麗にすることだと思いました。継続的に続けていくことでスキムボーダーから積極的に情報発信を行い、地域住民の方々の理解を得て活動できれば、アカウミガメの保全にも繋がり、環境に対する意識も向上することができると思います。

皆さんの参加をお待ちしています。
スキムボーダーが中心となり、海を綺麗にしていきましょう!

過去の活動報告

一般社団法人日本スキムボード協会 地域活動事業部 社会貢献活動事業実行委員会の活動報告を公開しております。