ホーム > スキムボードとは > スキムボードの基本用語集

スキムボードの基本用語集

スキムボードの初心者の方が知っておきたい基本用語集です。スキムボード経験者の方も、ぜひ、お読みください。

スキムボードの基本用語集 あ行

  • アウトサイド:岸から遠い海、沖側のこと。
  • アウトライン:ボードを表側、又は裏側から見たときの全体の形。
  • 上げ:満潮のこと。ハイタイド。
  • 厚い波:波の斜面の傾斜が緩やかで、ゆっくりとブレイクする波。
  • アップス・アンド・ダウンズ:波の傾斜を上に行ったり下に行ったりして加速すること。
  • インサイド:岸に近い海、岸側のこと。
  • インパクトゾーン:波のブレイクで最もパワーのある場所。
  • ウェーターショット 水中から撮影した写真のこと。
  • ウォータードロップ:水面の厚みのある場所でテイクオフすること。
  • ウォール:波が切り立って壁のような状態。
  • ウェットスーツ:ゴムでできた防寒着。
  • ウェットずれ;ウェットスーツを着て動いていると肌と生地が擦れてできる傷。ワセリンを使うと予防できる。
  • うねり:風や気圧の差などによって生じる海面の波動。ブレイクする前の海面の波動のことを指し、その波動が
        岸沿いの浅瀬に届くとブレイクする。
  • 後ろ足テイクオフ:後ろ足からボードに乗り込むテイクオフの方法。
  • エアーリアル:ライディング中にスキムボードと共に波のリップから飛び上がり、再び波の前に着地する
           テクニック。
  • エポキシ:ボード表面をコーティングしている樹脂の一種。強度が高い。
  • オーリー:テールをはじいてボードと体を一緒に水面から離す(飛ぶ)テクニック。
  • オフショア:陸から海に向かって吹く風。風によって波の面が整うので良いコンディションになる事が多い。
          強く吹きすぎると板を煽られてしまうので要注意。
  • オンショア:海から陸に向かって吹く風。風の強さによっては波の面が乱れるのでコンディションとしては
          良くないことがある。強く吹きすぎると板を煽られてしまうので要注意。
  • オンボード:テイクオフでボードに乗り込むこと。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 か行

  • カール:波のリップが崩れかかり、円筒状になった部分のこと。
  • 風波:オンショアが強く吹いて、その風の影響によって立つ波のこと。うねりがまとまらず良くないことが多い
  • ギャップ:ライディングの妨げになりやすい水面の凹凸のこと。
  • グーフィースタンス:スキムボードの上に立ったとき右足が前に来るスタンスのこと。
  • グーフィーブレイク:岸から見て左から右にブレイクする波のこと。
  • グラッシー:オフショアもしくは無風で、波の面が整った状態。良いコンディションの条件の一つ。
  • グラブ:ライディング中にボードを掴むこと。
  • グランドスウェル:台風や大きな低気圧から発生する大型のうねりのこと。
  • クロス:ライディングが交差すること。
  • クローズアウト:波が大きすぎたり風が強すぎてスキムボーディングができない状態のこと。略語クローズ。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 さ行

  • サイドショア:岸と並行に横から吹く風のこと。
  • サイドウェイ:オンボードしてからボードを進行方向に対して横向きにして滑走距離を伸ばすテクニック。
  • 三角波:グーフィー、レギュラーの両方に崩れる波のこと。
  • サンドドロップ:砂の上に水の薄い膜が残っている所でテイクオフすること。
  • シーガル:ウェットスーツの種類。半袖長ズボン。
  • シークレットポイント:あまり知られていないスキムボーディングポイント。
  • ジャーフル:ウェットスーツの種類。ジャージ素材のフルスーツのこと。
  • ジャンク:波の面が荒れている状態。
  • ショアブレイク:岸に近い所でブレイクする波。スキムボーディングに適している波。
  • ショートジョン:ウェットスーツの種類。ノースリーブ半ズボン。
  • ショービット:ライディング中に飛び上がりボードだけ180°回転させスタンスはそのままで着地して
           テールを先に向けてライディングを続けるテクニック。
  • ショルダー:波の切れ目。ピークから横につながってこれからブレイクしていく部分。
  • スイッチ:ライディング中にボードの向きは変えずに、スタンスを入れ換えライディングを続けるテクニック。
  • スウェル:うねりのこと。
  • スキムポイント:スキムボーディングに適した波が崩れるところ。
  • スキマー スキムボーディングを楽しむ人。
  • ステップバック:足の位置をテール側へずらすこと。
  • スピナー:ボードと体を一緒に回転させる技。
  • スピードラン:フラットな水面でレールを使ってスムーズにターンするテクニック。
  • スプリング:ウェットスーツの種類。半袖半ズボン。
  • スプレー:ターンをした時などに出る水しぶきのこと。
  • スロープ:砂浜の傾斜、波の傾斜のこと。
  • スープ:波がブレイクした後に発生する白波のこと。
  • セミドライ:ウェットスーツの種類。寒い時期に使うタイプ。
  • セット:何本かまとまって入ってくる波のこと。本数や間隔、大きさなど、規則性のある場合が多い。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 た行

  • タイド:潮の満ち引きのこと。波のコンディションに大きく影響してくる。
  • ダウンザライナー:ターン後にレールを波側に切り替えて波のフェイスを横にライディングするテクニック。
  • タッパ:ウェットスーツの種類。半袖または長袖の上着型。
  • ダンパー:ブレイクするタイミングが広範囲で一気に崩れてしまう波質のこと。
  • チューブ:波がブレイクする時に、筒状にリップが巻いている状態。
  • チューブライディング:チューブの中に入りライディングをすること。
  • チョッピー:オンショアの風で海面が乱れている状態。
  • テイクオフ:ボードに乗ること。(オンボード)
  • テール:ボードの後端部。
  • テールロッカー:テールの反り。
  • デッキ:ボードの表側。足を乗せる面。
  • デッキパッド:ボードの表側に貼るスポンジ状の滑り止め。
  • トップ 波の上の部分。
  • トップターン:波の上の部分でターンすること。
  • ドライスーツ:ウェットスーツの種類。ウェットスーツの中に水が入らない仕組みになっている。
  • トラック ライディングの際にスキムボードが通過してできた水の軌跡。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 な行
  • ニットケース:ボードを収納するニット製のボードケース。
  • ノーズ:ボードの先端部。
  • ノーズライディング:ノーズ部分に立って波に乗ること。
  • ノーズロッカー:ノーズの反り。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 は行

  • ハードケース:ボードを収納するナイロンやビニール製の丈夫なケース。
  • パーリング:ライディング中にノーズが波の面に刺さってワイプアウトすること。
  • ハイタイド:満潮のこと。
  • バックウォッシュ:沖に戻る波が岸に向かう波と衝突してできるしぶき。
  • バックサイド:背側を波に向けてライディングすること。
  • バレル:筒状に波が巻く状態。チューブのこと。
  • パワーゾーン:波のフェイスの中で、もっとも強くボードに推進力を与えてくれる部分。
  • ハンドプラント:ボードを置いて乗るのではなく、持ちながらサーフィンのようにテイクオフする。
            (ベリーテイクオフ)
  • パンピング:失速しそうな時に滑走距離を伸ばすためにボードを上下に動かすテクニック。(パンプ)
  • ピーク:波が最初に崩れるところ。
  • ビーチブレイク:海底が砂地によって形成されている場所でブレイクする波のこと。
  • ヒート:大会での試合の組み合わせ。
  • フェイス:ブレイクしていない波の面のこと。
  • フラット:平らなことを意味する。波がなくて海面が穏やかな状態。
  • フラットスキム:スキムボーディングの1つのスタイル。波を使わずに水辺でアイテムを配置したりする
            スタイル。
  • フラットトリック:平坦なビーチでのトリック。
  • プルアウト:乗っている波から意図的に降りること。
  • ブレイク:波が崩れる状態。
  • フローター:崩れる波の上を滑るテクニック。
  • フロントサイド:胸側を波に向けてライディングすること。
  • ポイントブレイク:波のブレイクポイントが一定の決まった範囲で規則的に崩れる波のこと。
  • ボードドロップ:テイクオフのとき、乗り込む直前にボードを下に置くこと。
  • ボトム:波の名称で使う場合、波の一番下の部分。ボードの名称で使う場合、スキムボードの裏側。
  • ボトムターン:波のボトムでターンすること。
  • ホロー:チューブが発生しやすい、えぐれた波の状態。
  • 掘れた波:リップが被さり巻いてくるような波質のこと。
  • ホワイトウォーター:スープのこと。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 ま行

  • 前足テイクオフ:前足からボードに乗り込むテイクオフの方法。
  • マッシー:斜面がなだらかでスピードがでにくい厚い波。
  • マニューバー:制御された滑らかで連続した動き。
  • メロウ:ゆっくりとやってくるスピードのない波のこと。
  • 面ツル:適度なオフショアにより海面が鏡のようにツルツルな状態。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 や行

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 ら行
  • ライディング:ボードに乗って進んでいること。
  • ラッシュガード:ライクラ素材でできたシャツのこと。ウェット擦れ、すり傷防止、日焼け防止に役立つ。
  • ラップ:波のフェイスでレールを使って200°以上のターンをすること。コンビネーションでチューブライドに
        つなげることが多い。
  • リーフ:海底が珊瑚礁や岩場で形成されている場所。
  • リーフブレイク:海底が珊瑚礁や岩場で形成されている場所でブレイクする波のこと。
  • 離岸流:岸から沖に向かって流れる潮の流れのこと。
  • リッピング:波のリップでターンすること。
  • リップ:波の崩れ際。ブレイクする瞬間の波の上端の薄くなった部分。
  • リップカレント:岸から沖に向かって流れる潮の流れのこと。
  • リペア:修理すること。
  • ルースターテール:レールを使ったターンにともなって扇型の大きなスプレーを上げるテクニック。
  • レール:ボードの両サイドの部分。
  • レールワーク:ライディング中のレールの使い方。
  • レギュラースタンス:左足が前に来るスタンスのこと。
  • レギュラーブレイク:波を岸から見て右から左にブレイクすること。
  • ローカル:地元の人。
  • ロータイド:干潮のこと。
  • ローラーコースター:崩れる波のリップに当て込んでスープと一緒に波の前に降りるテクニック。
  • ロッカー:ボードの反りのこと。
  • ロングライディング:長く乗ること。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 わ行
  • ワイプアウト:ライディング中に失敗して、スキムボードから落ちること。
  • ワセリン:油の一種。ウェットずれを防ぐために、皮膚の擦れやすい場所に塗っておくもの。
  • ワックス:ボードに塗るもの。表側(乗り込む側)に塗る滑り止めをデッキワックス。裏側(滑走面)に
         塗る潤滑物質をボトムワックス。

▲ページトップへ戻る

スキムボードの基本用語集 制作協力

▲ページトップへ戻る