ホーム > スキムボードとは > 海で役立つ応急処置

スキムボードをするなら知っておきたい!海で役立つ応急処置(溺れ、熱中症編)

スキムボーディングを楽しんでいる最中に万が一自分が溺れてしまったり、また、溺れている人を見かけた時の対処法や、命に係わる熱中症などの応急処置を知っているか知らないかで対応に大きく差が出てしまいます。
このページではスキムボードをしている時に起こりうる緊急時の応急処置の方法を説明します。

溺れている人の救助方法

海や川、プールで溺れている人を発見した時、飛び込んで助けるのは最終手段です。まずは助けるための道具がないか確認しましょう。

  1. まずは浮輪やロープを投げて救助する
    • 自ら水の中に入ってしまう前に、まずは浮輪やロープが無いか確認しましょう。
    • 要救護者がパニックになって自我を忘れていたり、意識が無いといった場合以外は 浮輪等のほうが確実に安全に救助できます。
    • ロープを投げる時は、ロープの先におもりをつけると 目的の位置に飛ばしやすくなります。また、浮輪にはロープをつけておくと引き上げやすくなります。
  2. 泳いで救助に向かう際に気をつけるべき事
    • 海や川、プールで溺れている人を発見した時、溺れた人に意識がある場合は必ず後方から近づきます。抱きつかれて自分も溺れてしまうことがあるからです。仰向けにし、頭を腕で抱えるようにして泳ぎ、助け出します。
    • 衣服を脱いでから水の中に入る事!衣服を着たまま水の中に入ると、溺れやすくなります。
  3. 意識はあるか?呼吸はしているか?
    • まずは大きな声で呼びかけて、意識があるかどうか確認してください。意識がない場合、 次は呼吸があるかどうか、口の前に耳を近づけて確認しましょう。
    • 呼吸がある場合は、吐き出された水が気管に入らないよう、顔を横向きにして寝かせてください
    • 呼吸がなかったらまず人工呼吸を行います。もし心臓が止まっていたら直ちに心マッサージを行ってください。肺から水を出そうとすることは効果がありません。まず人工呼吸によって肺に空気を送り込みます。

熱中症、日射病、熱射病になった場合の応急処置

夏になると良く聞く言葉ですが、甘く見ていると命を落としかねません。スキムボーディングは砂浜を走る激しいウォータースポーツです。調子が悪くなったら、すぐに日陰で休んだり水分を補給しましょう。

  1. 熱中症
  2. 熱中症は、体の中と外の暑さで引き起こされます。運動などで体の中の熱が上がってしまったり、灼熱の炎天下の下などで起こりやすくなります。体がだるくなったり頭痛がしたり、手足のしびれ、吐き気、めまいなどが起こったら、近くのライフセーバーに知らせましょう。

    • 暑さによる水分と塩分の不足によるものなので、水分と共に塩分も補っておかなければいけません。海で飲む飲料水は、スポーツドリンクの方が良いでしょう。
    • 日のあたる場所を避け、風通しの良い日陰へ避難させましょう。できれば冷房がきいている場所がいいので、建物の中が無理なら、車の中でエアコンをつけましょう。
    • 体の内側にこもった熱を少しでも出すようにします。皮膚に水をかけて扇ぎ、体を冷やすようにします。クーラーボックスに氷があるようであれば、袋に氷を入れ、足の付け根や脇の下につけ、皮膚直下の血液を直接冷やすのも有効です。いかに早く体温を下げられるかで救命できるかどうかが決まります。救急車が来る前から、体を冷やすことが重要です。
  3. 日射病
  4. 暑いところで直射日光に長時間さらされ、運動し続けると起こります。脳の体温を調節する中枢がうまく働かず、発汗と諸臓器への血流増加のため、心臓からの血液の送り出しが追いつかなくなった状態です。体はだるく、頭痛、吐き気、めまい、低血圧、頻脈(脈が速くなること)等が起こり、失神する場合もあります。意識がはっきりし、あまり体温が上がっていないときは日射病と考えられます。

    • 早急に涼しい場所へ移して横にし、衣服をゆるめます。
    • 水か食塩水を飲ませます。
    • むやみに冷やさず、適度な涼しさにして休ませます。
  5. 熱射病
  6. 炎天下でなくても非常に暑いところで働いたり、スポーツをしたりしているときに発症します。不十分な発汗、熱の蓄積、酸素欠乏などにより、40℃以上の体温上昇、頻脈、瞳孔散大、意識状態の悪化、全身ケイレン等の症状が起こります。意識がしっかりせず、体温が非常に高いときは熱射病と考えられます。 熱射病の場合は死亡率が非常に高く、高度の医療が必要です。

    • 直ちに救急車を呼んでください。救命のためには高度の医療を必要とするため、できるだけ救急センターへ運んでもらってください。
    • 救急車が来るまで、30℃位のぬるま湯をかけながら、扇風機で冷やします。体温はときどきチェックして冷やしすぎないようにします。